No.26 ちはるさんの娘 西炯子/3巻(連載中)/双葉社

 小説家のちなつさん(38)のお母さんは,洋裁店を営むちはるさん(80).心はまだまだ若く,おしゃれが好きでイケメンは目がありません.一方のちなつさんは真面目な性格で,服装も地味です.対照的な二人はよく口論していますが,それはお互いを心配しているからこそ.ちなつさんは元夫の浮気症が原因で離婚しており,自身の恋愛に対してドライになっています.そんなちなつさんに想いを寄せる担当編集の梅本と武者小路.さらには元夫との再会と,なんだか周りがざわざわしてきました...!


No.27 プライスレス家族 桜沢鈴/1巻(完結)/ぶんか社

 河原の掘っ立て小屋に家族4人で暮らす貧乏一家の長女,かぐや.彼女は自分が貧乏であることにコンプレックスがあり,裕福な暮らしに憧れていました.学校では見栄を張って家が貧しいことを隠していたかぐやですが,同じく貧乏の岩木さんとの間に友情が芽生え,今の生活の中に楽しさを感じるようになります.ところがある日,彼女は一転して大金持ちになり...! 桜沢先生らしい濃厚なストーリー4コマで,家族の絆を題材にした作品です.いわゆる「いい話」では終わらないのですが,それが本作の良いところだと思います.また,桜沢先生の絵の上達ぶりが表れていて,嬉しく思います.


No.28 まつりごよみ 曙はる/1巻(完結)/双葉社

 市の職員である松りな子は,新しく観光課に配属されました.その観光課は他の部署とはかなり違っていて,賑やかすぎる仕事場でした.りな子は早速「まつりちゃん」というニックネームを付けられ,ゆるキャラの「中の人」を任されるなど観光課独特の仕事を務めます.当初は戸惑いを感じていたまつりですが,明るい仲間たちに囲まれて観光課に馴染んでいきます.そして,イケメン職員との恋の予感が...♡ 本作ではまつりの社会人としての成長と恋愛を,ギャグを混ぜながらしっかりと描いています.1巻完結の作品でこれほどの内容を詰め込んでみせるとは,さすが曙はる先生です!


No.29 せんせいのお時間 ももせたまみ/12巻(完結)/竹書房

 幼児体型の高校教師・鈴木みかは,生徒から「みか先生」と呼ばれ親しまれています.生徒たちはなかなかの個性派揃いで,みか先生LOVEの北川,ホモの工藤,女装に目覚めた関,お嬢様の富永など.ももせたまみ先生は他作品でエロネタを多用していましたが,本作ではかなりソフトになっています.みか先生は読書とダジャレが好きで,ダジャレネタの4コマが多く描かれます.萌え系のイラストで描かれる4コマ漫画としては最も歴史の古い作品のひとつで,アニメ化も果たしました.途中からはややマンネリ感が出ていますが,本作の残した功績は大きいです.


No.30 教師諸君!! 駒倉葛尾/3巻(完結)/タイム

 高校の社会科教師たちにスポットを当てたコメディー作品です.歴史マニアの主人公,西名先生(世界史担当)を始め,個性豊かな先生が登場します.各話の最初のページで,今回のあらすじが紹介されているのが特徴的です.一人ひとりのキャラを立たせつつ,現実離れしない程度のコメディーを描いているところが絶妙.個人的には,西名先生の相方,笛田先生(生物担当)の明るくてサッパリしたキャラが好きです.単行本の表紙には世界史のコスプレをした先生が描かれていて,凝った装丁となっています.


No.31 未確認で進行形 荒井チェリー/9巻(連載中)/ぱれっと

 女子高生・夜ノ森小紅は,多忙な母に代わって家事全般をこなす家庭的な女の子.小紅を溺愛する姉・紅緒と3人で生活しています.そんな小紅の元に,小紅の許嫁だと主張する少年・三峰白夜とその妹の真白が現れ,彼らを家に迎えることに

なります.いきなりの話に納得出来ない小紅ですが,実は小紅と白夜は幼いころに出会っていて... 本作は恋愛作品としても面白いですが,最大の見どころは個性的な女性キャラクター達でしょう.正統派ヒロインの小紅,ロリコン&シスコンの紅緒,ロリ小姑の真白と,それぞれのキャラクターを魅力たっぷりに描いています.


No.32 野村24時 板倉梓/3巻(完結)/竹書房

 野村中也,35歳独身サラリーマン.父親が作った借金を背負わされ,夢も希望もなく毎日を過ごしていました.そんな野村に救いの手を差し伸べてくれたのは,同僚の美人OL,田中雪です.彼女は高校生と小学生の妹との3人で暮らしているのですが,野村にコンビニと家庭教師のアルバイト,さらに「番犬」として同居することを持ちかけてきたのです. この作品は,よくあるドキドキ居候コメディーではありません.野村は人一倍苦労し,その分少しずつ幸せに近づいていくのです.ラストの展開は4コマ漫画の中でも屈指の出来栄えだと思います.


No.33 隣人を妹せよ! 森乃葉りふ/6巻(連載中)/ぱれっと

 アパートで一人暮らしをしている高校生,江藤巽.彼の隣の部屋に,可愛い後輩の女の子が引っ越してきました.彼女の名は江藤まとり.苗字が同じという理由で,出会って早々に巽のことを「お兄ちゃん」と呼びます.そこに,巽の幼なじみで巽に片思い中(?)の乾みなみが加わって... あらすじを見ると,ハーレム系ライトノベルのテンプレのような内容ですし,実際にベタな展開が多いです.「そんなうらやましい話があるわけないだろう」と心の中でツッコミを入れつつも,読み始めると止まりません.安定して面白い作品だと思います.


No.34 鬼灯さん家のアネキ 五十嵐藍/4+8+1巻(完結)/角川書店

 高校生男子が,血の繋がっていない姉のセクシーないたずらでからかわれる...というお色気コメディーです.いつも姉の手玉に取られる弟が少し不憫ですが,そこが面白い.2巻までは姉のお色気シーンが多かったのですが,3巻からはシリアスモードに突入します.特に弟のクラスメートで,謎めいた雰囲気の水野さんがいい味を出しています.4巻で一度完結したのですが,その後続編の「鬼灯さん家のアネキ(+妹)」が連載されました.ただしこの続編は作風がずいぶんと変わっているため,前作とは別作品と思って読んだほうがいいと思います.また.4コマではないコマ割りも多いです.


No.35 ケイくんとアヤメさんがルームシェア ボマーン/2巻(完結)/双葉社

 12歳の少年ケイくんと29歳のOLアヤメさんが,ひょんなことから同居することに.この設定から予想されるのは,お風呂でバッタリ→「キャー!!」な展開ですね.ただし本作の場合,悲鳴を上げるのはケイくんの方ですが.しっかりもののケイくんは,家ではグータラなアヤメさんの面倒をみてあげている,保護者のような立場でした.しかしケイくんにも思春期が訪れ,二人の心境に変化が・・・ よくあるドキドキ居候コメディーかと思いきや,それだけでは終わらない展開に心を掴まれました.さらにケイくんのクラスメート,宮本くんと茉莉ちゃんにも注目です.


No.36 チカちゃんは知りたがる 竹内元紀/3巻(完結)/竹書房

 竹内元紀先生の作品をご存知の方ならば,「いつもの竹内作品です」と言うだけで十分かもしれません.主人公は小学4年生のチカちゃん.色々なことを疑問に感じたりそうでもなかったりするチカちゃんが,クラスメート達とおバカな会話を繰り広げます.そして竹内先生ならではのバカバカしい下ネタトークも満載です.これはもはや名人芸の域に達していると思います.非常に会話が多いため,単行本を一気読みしようとすると予想以上に時間を要します.


No.37 少年よ耽美を描け ミキマキ/8巻(完結)/新書館

 イケメン高校生,新葉芹.彼の野望は,「BL界の頂点に立つこと」・・・!きっかけは,新葉がBL好きの彼女に振られたことなのですが,そこから新葉の暴走が始まります.友人らを巻き込んで,BL漫画創作に情熱を燃やす日々.しかし,新葉の画力はあまりにも壊滅的なのでした! 本作はBLをテーマにしたギャグ漫画であり,本当の意味での「BL作品」ではありません.BLの奥深さやBLにどっぷり浸かってしまった腐女子の生態をコミカルに,時にバイオレントに表現しています.色々と「ヒドい作品」(褒め言葉)で,爆笑ネタもてんこ盛りです.男性が読んでも楽しめる作品ですよ.


No.38 さえずり少女、しんしん鎌倉 matoba/1巻(完結)/タイム

 フランスから日本に留学にやってきた少女,コズリ.天真爛漫なコズリが日本の文化に触れるたびに,目を輝かせて喜ぶ姿がなんとも可愛らしいです.彼女を中心とした賑やかな日常が繰り広げられるのですが,コズリが祖父からもらった帯留めをきっかけに本作の核となるストーリーが展開されていきます.それは,時間を超えた奇跡の物語... 鎌倉が舞台となっており,扉絵には鎌倉の街に溶け込むコズリが丁寧に描かれています.特に「鎌倉駅から歩いて海まで!」というシリーズがとても気に入っています.


No.39 きんこん土佐日記 村岡マサヒロ/9巻(連載中)/高知新聞社

 高知新聞の夕刊で連載されている4コマ漫画です.高知県に住む5歳のたくみと祖父母の日常を中心に描いています.しかしこの作品は,ただの日常4コマではありません.とても新聞4コマとは思えないほどのシュールな爆笑ネタや,強烈な風刺,中には「もはやアウトでは?」と心配するほど限界ギリギリのネタもあるのです.地方新聞の夕刊に連載している4コマ漫画が単行本化されること自体が異例で,本作の人気の高さを表しています.ただし現在,新刊の発売が不定期になっています.今後も続巻の発売を激しく希望します!ピエーポ!


No.40 航海王子の優雅な船旅 ひらのあゆ/3巻(完結)/タイム

 豪華客船「はらいそ」で巻き起こる,ちょっと変わった事件やトラブル.それらを解決するのが,乗組員の「王子」こと久世先生です.基本的に1話完結なのですが,話の構成が素晴らしくてスイスイ読めますし,各話のラストの1本は毎回美しく決まります.さらに仲間同士の掛け合いがとても楽しく描かれていて,さすがはひらのあゆ先生だと感心させられます.豪華客船という非日常の世界を舞台にしたことが大当たりだったように思います.「ひらのあゆ先生の作品を読んでみたいけど,巻数の多いラディカル・ホスピタルに手を出すのは億劫・・・」という方は,まずこの作品を読んでみてはいかがでしょう?


No.41 魔法女子高生トラノイーカルナ 後藤羽矢子/1巻(完結)/双葉社

 宇宙人デヌエと出会った女子高生カルナは,他人に変身できるスティックを手に入れます.しかし,変身するには対象の人物とキスをしてその人のDNAを摂取しなければならないのです.また,変身できるのは外見のみで,その人の身体能力までコピーすることはできません.まさに,「虎の威を借る狐」状態なのです.変身して事件を解決・・・というような話よりも,外見で人を判断してしまう人間の性に焦点を当てた話になっているのが本作の特徴です.なお,本作は全年齢向けの後藤羽矢子作品です.


No.42 先生と星が教えてくれたこと 鴨鍋かもつ/1巻(完結)/タイム

 北海道の高校に赴任してきた天川先生は,成り行きで天文同好会の顧問を任されることに.嫌がっていた天川先生ですが,彼女は妙に天文に詳しいのです.実は天川先生は,元々天文の仕事をしていたのですが,ある出来事がきっかけで辞職していました.そんな天川先生が出会った天文同好会の面々は,ちょっとした問題児たち.それぞれ悩みを抱える生徒と,心に傷を負った天川先生が,大好きな星を通じて分かり合い,成長していきます...天文好きな方も,三つ編み×巨乳×眼鏡の教師が好きな方も,きっと満足できる作品だと思います.だけど2巻が発売されないのは惜しい・・・


No.43 すーぱータムタム 小池田マヤ/4巻(完結)/タイム・双葉社

 デパートで働く田村恭子(タムタム)は,華やかな同期と違って地味な女性でした.しかし,同期一のイケメン・滋賀に突然アタックをかけられ,とうとう付き合うことに.ところがそれは,同期達が仕組んだ「ゲーム」だったのです...ショックを受けたタムタムは逃げるように異動するのですが,翌年タムタムは見違えるほどの容姿とキャリアを手に入れて元の職場に戻ってきたのです. デキる女性とダメな男が,互いに強がりつつも恋している様子がリアルに描かれています.内容がぎっしり詰まっていて,作中では何組ものカップルが生まれ,別れていきます.ドラマ化すればヒットすること間違いなしの作品だと思います.


No.44 琴浦さん えのきづ/7+1巻(完結)/マイクロマガジン社

 転校生の琴浦春香.彼女には人の心が読めるという能力がありました.しかしその能力を周りの人は気味悪く思い,友人からは嫌われ,家庭も崩壊.ついには両親に捨てられるという壮絶な人生を歩んできました.しかし,転校先のクラスメートの真鍋と出会い,彼女の人生は好転し始める...!4コマ漫画では最高レベルのシリアス作品で,物語の序盤は特にエグいです.一番印象に残っているのは,ESP研の部長,百合子が母親の首吊死体を目撃するシーンですね.衝撃的な展開の連続で,読む手が止まらなくなること必至.アニメ化も果たし,第1話放送後はずいぶん話題になりました.


No.45 銀子の窓口 唐草ミチル/4巻(連載中)/竹書房

 ひたむき銀行の窓口係,東雲銀子は正確かつ迅速に仕事をこなすスーパー行員.ただし,彼女は一切表情を変えない鉄仮面なのです.また,どんな事情があっても規則外の行動は取らない厳しさも持っています.新人行員の音々子は,そんな銀子のことを最初は怖がっていました.しかし,銀子がお客様を大切に思う気持ちや,お金を預かる仕事をすることの責任感を強く持っていることを知り,音々子は銀子を尊敬するようになります.ホロリとする話も多く,非常に完成度の高いお仕事4コマです.なかなか知ることのない銀行のお仕事がわかるのもいいですね.


No.46 ラジ娘のひみつ 小坂俊史/2巻(完結)/竹書房

 深夜ラジオのDJに抜擢された恩田あいり.普段はオドオドした性格なのですが,収録中は人格が一変.毒舌や下ネタを吐き散らす「あいり姐さん」にとなるのです.表紙のイラストを見ただけでは「萌え系かな?」と勘違いしてしまいそうですが,真の姿は裏表紙に描かれています.人気漫画家・小坂先生の作品ということで,作品の面白さは折り紙付き.キレッキレのネタとトークが楽しめます.「あいり姐さん」になっていない素の状態のあいりが意外なほど可愛く,小坂先生の作品に新しい武器が増えたように感じます.


No.47 魔法のじゅもん あらきかなお/3巻(完結)/KR

 魔法使いのちづ子(ちーちゃん)は,いつもの生活に飽きて人間界で中学生活を始めました.そこで出会ったのがマジシャン志望のドS少女,ユリネ.ユリネはちーちゃんをアシスタントと称して好き放題に利用するのですが,M気質のちーちゃんはむしろ大喜び・・・そこにちーちゃんの幼なじみで自称ライバルののんちゃんもやってきて,ドタバタな日常が繰り広げられます. きらら作品らしく萌え系のイラストですが,下ネタが多いのが特徴です.ユリネの命令なら恥ずかしいことでも言うことを聞いちゃうちーちゃんが,ちょっと刺激的です.


No.48 ともだちマグネット まご/2巻(完結)/竹書房

 アニメが大好きなオタク趣味の真琴.友達も作らず一人の世界に閉じこもっていた彼女に,読者モデルをしている超リア充なクラスメート,なつみが急接近してきます.真琴は強引になつみ達の友達グループに引き入れられ,一緒に遊んだりショッピングに行くようになります.なつみ達とは絶対に打ち解け合えないと思い,嫌がる真琴なのですが... 本作は,全くタイプの違う女の子同士の友情がテーマとなっています.女の子達が仲良くするだけの作品ならいくらでもありますが,友情を描いた作品は非常に稀です.ストーリーがしっかりしているので,読み応えのある作品だと思います.


No.49 ひろなex. すか/5巻(完結)/KR

 中学生の広菜は,TV番組に影響されて探検隊を結成します.3名の隊員たちと一緒に,プールに行ったり買い物に行ったり.しかし本作の魅力的なところは,なんでもない日常を可愛く・面白く描いているところにあります.ストーリー性のない日常モノで長期連載のきらら作品はとても少なく,本作の人気の高さを表しています.キャラクターの顔立ちは幼い感じですが,すか先生の描く女の子の身体はかなりえっちいです.また,レトロゲームのネタが随所に見られるのも特徴です.マニアック過ぎてほとんどの読者は置いてけぼりですが,その置いてけぼり感を楽しみましょう. ところで,探検はいつやるんですか?


No.50 小森さんは断れない! クール教信者/6巻(連載中)/タイム

 頼まれ事には「No」と言えない小森しゅり.たくさんの人から仕事を頼まれるのですが,「人の役に立つのが好き」という彼女はいつも全力で応えていきます.端的にこの作品を表現するなら「人助けハートフル作品」なのですが,その中に多感な中学生らしい悩みが入り混じり,作品の味わいを深くしています.とにかく明るいめぐみとシニカル少女のまさ子という大切な友人に加え,2巻からは「人に頼られたい」という少年,大谷君が登場して恋愛要素も楽しめるようになります.心にしみるシーンやセリフが満載で,幅広い読者層にから支持される作品だと思います.