作品の評価について

今月号のきららMAX,表紙はきんモザとごちうさのコラボでした.

それにしてもこの両作品,画風がそっくりですね!同じ人が描いたのかと思ってしまいます.繋ぎ目が見つかりません.

さて,今回の話題はMAXではなく...

4コマ作品の評価についてです.


私のサイトでは作品リストお気に入り作品の紹介をしていますが,作品の出来を評価して点数をつけたりはしていません.

作品の特徴や面白さを伝えるためには,こうした評価を紹介することもひとつの方法だと思います.

実は私も,読んだことのある作品の面白さを5段階で評価しています.あくまで個人的にですが.

その評価を本サイトで公開していないのは,いくつかの理由があります.


1つ目は,評価は個人的なものであって,読む人によって評価は分かれるから.

「個人の評価です」と謳っていても,自分の好きな作品が低い点数で紹介されていたら気分が悪いですよね.


2つ目は,作品の評価は時間とともに変わっていくから.

年齢を重ねるに連れ,人の趣味は変わっていくものです.若い頃は学園モノが好きだったけど,社会人になるとファミリー作品が好きになるというのはよくあることです.

また,同じ作品でも連載が長引くとパワーダウンしてしまったり,逆に途中から急に面白くなる場合があります.

こうしたことから,絶対的な作品の評価というのは出来ないのです.


なお,私がお気に入り作品として紹介している作品は,現在5段階評価で4以上の作品です.